Journal of Wanderlust

a full time world traveler

現役CAがおすすめするパッキング術

今回は現役客室乗務員の私が行っているパッキング術をご紹介いたします。

 

 

 

国内旅行編

 

まずは国内旅行編です🗾

 

私たちは月に数回、宿泊を伴う勤務をしているので同僚たちはパッキングの達人ばかり。

数年のクルー生活で先輩から教えてもらったり、自分で編み出したパッキング術を1つずつご紹介します!

 

荷物は最低限に!

これは基本的なことなのですが、旅行となるとあれもこれも必要!と鞄に詰めがちです。

客室乗務員の仕事を始める前までは私もかなり荷物が多かったのですが何度もパッキングしていく中で本当に必要なものは限られていることに気付きました。

現在ではロンシャンのLサイズトートバッグで3泊4日旅行ができるぐらいパッキング術が上達しました!

 

まずは基礎化粧品です。

化粧品はこのようにすべて小さめのものを使用します。

f:id:wanderlust_1019:20200621222904j:plain

国内1泊旅行の時のスキンケア用品



基礎化粧品1式をどうしても持って行きたくなるのですが、私はパックで代用しています。

夜、お風呂上りにパックをした後、パッケージは捨てずに残しておき、残った液を翌朝化粧水&乳液代わりに使用します!(少し貧乏臭いですが…)

 

何種類もパックを試したのですが、中でも保湿効果抜群だったのは

★私の綺麗日記(黒真珠)

★メディヒール(青のパッケージ)の2つ。

1泊につき1枚必ず持っていくようにしています。

 

日焼け止めはチューブ型の詰め替え容器に入れています。(写真右下)

チューブ型の詰め替え容器は日焼け止め以外にもシャンプーやリンス、洗顔を入れることができるので重宝します!

 

次はメイク道具です。

アイシャドーはパレット型のものではなく単色のみを持参するようにし、アイブロウもパウダーではなくペンシル型のものを使用します。

ファンデーションは瓶タイプだとかさばったり、パウダーファンデーションだと衝撃で割れてしまったりする可能性があるので持参しないようにしています。

試供品のリキッドファンデーションとルースパウダーを使用するかコンシーラー&ルースパウダーのみで代用しています。後者は意外と化粧崩れしにくいのでおすすめ◎ 

余談ですが仕事用のメイクはファンデーションを一切使わず、日焼け止め→化粧下地→ルースパウダー→チークの順で使用しています!この方法でベースメイクをするとメイク直しの回数が減るのでおすすめです。

 

メイク落としは試供品や1回使い切りサイズを購入して使用しています。

 

ポーチの中身をご紹介します。

これはエミレーツ航空のアメニティポーチなのですが、ちょうどいいサイズでとても重宝しています。

生地もしっかりしていて1年ぐらい使っていますが全然壊れません!

私はこの中にボールペン、ハンドサニタイザー、保湿クリーム、ハンドクリーム、コンタクトレンズ・常備薬・絆創膏・綿棒セット(使い終わったトラベルサイズのシャンプーリンス容器にまとめています)、洗濯用洗剤を入れています

f:id:wanderlust_1019:20200622012359j:image

 

 

 デニム1本あればOK!

1泊旅行はもちろんですが、私は最大3泊でもデニム1本で旅行することが多いです。

上の服を変えるだけで楽ですし、コーディネートにあまり悩むことはありません!

デニムだと暑い夏の時期や暖かいところに宿泊をすることもあるのでその時はワンピースをよく持参します。

ワンピースは折り畳んでもしわになりにくいポリエステル100%のものがおすすめです。

黒と柄物があれば無敵!私はよくUNIQLOで購入しています♡

 

靴は1足で!

おしゃれのために何足か持っていきたいところですがいかに荷物を減らすか考えた結果、黒色バレエシューズ(できれば伸縮性があるもの)がベストという結論に至りました!

バレエシューズは歩きやすく疲れにくい上、カジュアルすぎないので本当におすすめです。

リボン付きのものにするとなおさら◎!

靴はホテルのアメニティによくあるシャワーキャップに入れて持ち運ぶと便利です。

 

小さく折り畳めるエコバックは大活躍!

日常でもかなり便利なのですが、旅行だとさらに便利です。

私はパリのスーパーマーケット・モノプリで購入したエコバックを愛用しています♡

f:id:wanderlust_1019:20200621222816j:plain

パリ柄がお気に入り!

もう何代目なのか分からないぐらい長年愛用しています。

モノプリのエコバッグは3年ぐらい使っていますが全く破れずかなりの優れもの!

この柄以外にもほかの柄や無地のもを数点か持っており、仕事で使用する場合は無地黒色を使うようにするなど使い分けて使用しています。

キャリーケースに1つは入れっぱなしにしているので旅先で急に荷物が増えてしまった場合など本当に助かります!

1個€1~2(≒120~250円)で帰るのでフランスのばら撒き土産としても◎です。

毎シーズン新しい柄が出るのでそれを購入するのも楽しみのひとつ!

 

✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

 

海外旅行編

次は海外旅行編をご紹介いたします🌎

(私の得意分野である弾丸旅行バージョンをご紹介します。)

 

国内旅行編とあまり変わらないのですが、海外旅行編では

 

・荷物は最低限に!

・デニム1本あればOK!

・靴は1足で!

・小さく折り畳めるエコバックは大活躍!

 

に加え、機内持ち込みサイズのキャリーケース1点で限界に挑戦すべく以下のことをご紹介します。

 

・機内持ち込み液体物は最小限に!

・機内必須アイテムは1つにまとめる!

・衣類は全てコンパクトにまとめて大容量ポーチへ!

 

機内持ち込み液体物は最小限に!

国際線の場合、保安上の理由で下記の通り機内に持ち込める液体物に制限があります。

 

①液体やジェル状のものは1点あたり100㎖以下および100g以下であること

②容量が1ℓ以下および縦横の辺の合計が40cm以下の再封が可能なプラスチック製の袋に入れること

③1人あたり1袋のみ持ち込み可能

 

1本あたりの容量が100㎖を超えると機内に持ち込みできませんのでどうぞご注意ください!

 

数年の弾丸旅行渡航で私が編み出した機内持ち込み液体はこちらです↓

f:id:wanderlust_1019:20200621222841j:plain

機内持ち込みスキンケア用品

 

シャンプー・リンスはNOVOTELに宿泊した時にアメニティでもらったものを使っています。

持ち運びの際、液漏れしないので使いやすい容器です。

 

Softsoapのボディーソープ、crestのマウスウォッシュはアメリカのドラッグストアでトラベルサイズ用を大量購入しストックしています。一つ当たり$1(≒110円)ぐらいで購入できるのでハワイに行ったときなど数本ずつまとめて買っています。

 

化粧落としは海外旅行の場合、オイルではなくNIVEAのMicellAIRをコットンにつけて使っています。こちらはドイツやフランスのドラッグストアで購入しました。100㎖のサイズは大体€1(≒120円)で売っています。

ビオデルマと同じように水でメイクが落とせる優れものです。

 

国内旅行と同じくパックを持参することもあるのですが、Baleaのこのカプセルがとてもおすすめなのでご紹介します!

左下にある青いカプセルなのですが、1回使い切りサイズで中に美容液が入っており、大体€1(≒120円)ぐらいで売っています。

洗顔後、カプセルを開けて塗るだけでお肌がしっとりします。香りも良くてお気に入り♡

これはドイツのdmという薬局のプライベートブランド商品です。dm以外の薬局にも同じようなカプセル入りの美容液があるのでぜひ試してみてください!

 

機内必須アイテムは1つにまとめる!

パスポート、現地用お財布、ボールペンなど機内で使用するアイテムは大き目のポーチに入れるようにしています。

このポーチのままシートポケットに入れておくだけでいいのでとても便利です。

f:id:wanderlust_1019:20200621222824j:plain

機内持ち込み必須アイテム

 

イヤホンは必ずワイヤレスと通常タイプの2種類を持参しています。

通常タイプのものはエコノミークラスの機内で映画を見る時に重宝します。

 

 

海外用のお財布はずっとこのCOACHとスヌーピーのもの愛用しています。

中に仕切りがありとても使いやすいのとデザインがかわいいので手放せません🐾

※日本のお財布は持参せず、クレジットカード2~3枚、デビットカード、5000円程度を小さめのジップロックに入れ、海外用お財布に入れています。

 

衣類は全てコンパクトにまとめて大容量ポーチへ!

衣類やこまごました下着類はNarayaで購入したこの大容量ポーチに入れ、キャリーケースに入れています。

f:id:wanderlust_1019:20200621222832j:plain

バンコクで1000円ぐらいで購入しました

中に仕切りを自分で作り取り出しやすいようにするとさらに便利です★

しわになりにくいトップス3~4枚、パジャマ、下着2~3枚、カーディガンor薄手ストールなら余裕で入ります!

(さすがにセーター数枚は入らないので冬場は100均で売っている衣料品圧縮袋を使用しています。)

 

✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

 

今回はパッキング術をご紹介しました!

次回のご旅行の際のご参考になれば幸いです♡

 

お読みいただきありがとうございました!